トムヤムクン・サンセット

 

海が見える小さなレストラン

漂う香りは赤色に染まる

二人の間に置かれた料理は

最初の真夏の熱い空気の味

別れという実感は無いまま

さよならを告げる時が来る

酸っぱく辛いスープのように

 

トムヤムクン・サンセット

暗くなるまで

最後のデートが終わるまで

トムヤムクン・ユニバース

広がる世界を

噛み締めながら涙を隠して

 

偶に私に電話をかけて

そのくらいの距離で見守ってくれる?

古い貨物船が旅立つように

いつかの夢を思っていたいの

擦れ違う時空に眠る

巨大な都市、星雲の狭間

ふたり出会った奇跡を

 

トムヤムクン・サンセット

思い出の街に

遠き南国の黄昏が

トムヤムクン・ユニバース

広がる世界を

噛み締めながら涙を隠して

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中